たるみやストレスなどが原因のクマは適切な対処をしよう

ロゴ

クマを改善するためにはまず知識を身につけよう!

女の人

目のクマには大きく3種類

原因が分からないクマはいくら対処法を実践しても効果がありません。そのため、まずは目元に出来たクマがどのクマであるか把握してからにしましょう。中には美容外科で施術をしなければならないものもあります。

READ MORE

目元トラブルで悩む人は老若男女問わず

クマの問題を抱える人は多いですが、どう対処したら良いのかが分からず対処法が間違っている人もいます。目のクマへ適切な対処法を理解していれば少しずつ改善していけますが、改善せずそのまま悩みを抱えたままにする人が多いのが現状です。

クマに悩みを持つ人達の声を見ていこう

寝不足が続いてしまって辛い

毎日忙しくてなかなか安眠をすることができません。そのせいで目の下にクマができてしまいました。なんとか直したいと思っていたのですが、自分なりのケアをしても改善しません。

ストレスを抱えたことで発症した

環境の変化などでストレスを溜め込むことが多かったです。多分それもあって目のクマができたのだと思います。身体全体の血行も良くないようで、毎日冷え性にも悩まされています。

幼い頃からクマがある・・・

クマって寝不足や紫外線などが原因で起こるものではないかと思っていました。でも私の場合は小さい頃からクマがあります。遺伝的な要素でクマができるみたいなのでずっとクマで悩んでいます。長い期間クマがあるので消せるか不安です。

クセで目をこすることが多い

いつからか目をこすってしまうことが増えて、目の痒みだけではなくクマにも悩むようになってしまいました。クセはなかなか治らず、親からは「最近老けて見えるよ」と言われてかなりショックを受けています。

クマができているがどの種類のクマか分からない

クマって何種類もあるようですが、自分のクマがどの種類に該当しているのかが分かりません。クマに良いといわれてる睡眠時間の確保やストレス解消をしているのですが全然効果がないようにみえます。もうお手上げです。

治療方法一覧を紹介します

脱脂術

目の下に余分な脂肪がついているとそれが目のクマに見えてしまうことがあります。脂肪があるときは脂肪を除去することができる脱脂術をすることでクマを解消することができるでしょう。メスを使うのではなく特殊なレーザーを用いるため傷口を作ってしまうこともありません。

レーザー治療

肝班が発生することによりクマができやすくなります。身体の内側から発生するため、外からのスキンケアではなかなか改善することができないでしょう。このレーザー治療は肝班治療のために展開されたもので、治療を受けることによって肝班に直接刺激を与えてクマ解消へと導くことができます。

切開法

目のクマを解消するための方法として、切開する治療もあります。切開と聞くと痛みや傷跡が気になりますが、最近では裏ハムラ法と言う、皮膚を切開することなく目の下にある脂肪を移動させる術式があるのです。目の下にあるクマの原因となる脂肪を移動させることで、改善することができるのです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注入することによってクマを解消することができます。またクマ改善だけに限らずヒアルロン酸の量によっては涙袋をつくることもできるので、ヒアルロン酸注入によって2つの効果が期待できるでしょう。

脂肪注入

ヒアルロン酸注入と同じく目の下に脂肪を注入する方法があります。脂肪は元々自分の身体にあるものを使うため、副作用が発生することもないので安心して治療を受けることができるでしょう。技術力が必要とされているので、この治療をする際には腕の良い専門医に依頼をするようにしてください。

クマの症状に関する質問をチェック

まだ20代なのに顔に出来たクマが目立ちます!若い人にも出来るんですか?

クマは40代や50代などと年齢は関係なく若い人にもできやすいとされています。年齢が高い人はたるみを伴ったクマが多いですが、若い人はストレスや寝不足などによるクマが多いです。

いくら化粧で隠しても全て隠しきることができません・・・

最近できたクマではないならずっと前から出来ているということでしょうか。幼い頃からクマがあるときは普通のクマに比べて改善しにくくクマの色も目立ちやすいとされています。

寝不足が原因でクマができました。どうすれば治りますか?

人間は8時間の睡眠をした方が良いとされていますが、忙しくて4時間や5時間の睡眠だと寝不足に陥ってしまいます。人間は寝溜めをすることはできないので、一日一日良質は睡眠を取る必要があります。寝不足の場合は睡眠時間を増やすことが改善可能です。

クマを解消するためにマッサージをしていますが効果がないので困っています

目元の皮膚はとても薄いため、クマを治したいからとマッサージをすると逆効果になってしまうことが多いです。むしろ色素遅着を進行させる可能性があるのでマッサージをするのはやめましょう。

たるみが出来てからクマが目立っているように感じます・・・

目の下のたるみによってその部分に膨らみができます。膨らみができることで影ができ、それがクマに見えてしまうのです。このたるみはセルフケアよりも脂肪除去をした方が効果的であるとされています。

クマの原因を知って対処

婦人

寝不足による原因だけではない

目のクマは寝不足により出来やすいといわれていましたが、実はクマができる原因は他にも様々なものがあります。年齢によって起こるクマや筋肉の衰えなどが挙げられます。クマができたときは原因を究明することから始めましょう。

クマができると目元周りの色が変わる

一度目のクマができるとなかなか落とすことができないとされています。クマには青クマや茶クマ、黒クマなどがありますが、出来るクマによって対策方法が異なるので注意しましょう。目元の色が変化することで悩みを抱える人も多いです。

若々しい目元を目指す

目のクマがなくなって目元周りが健康的な肌色になると、自然と見た目が若々しく見えてきます。クマがあると疲れているように見えるだけではなく本来の年齢よりも上に見られてしまう可能性があるので注意が必要です。

スキンケアで隠すことも可能

普段から化粧をしている人なら、ファンデーションで目元のクマを隠すこともできます。しかしそれは一時的な対処法であって、根本的に目のクマを解消できているわけではありません。そのときは美容整形を受けて解決をするようにしましょう。

広告募集中